寝る前に食べないことで睡眠の質を高める

寝る前に食べないことで睡眠の質を高める


良い睡眠は健康の要です。コレは真実です。人間は二〜三

日の間何も食べなくてもとりあえず生き延びることができ

ますが、二〜三日睡眠をとらないと命に関わると言われて

います。

だから人間は徹夜をしたり夜更かしをすると気分が悪くな

ったり顔色が悪くなったりぼーっとしてしまうのです。考

える力がなくなって深く物事を考えられなくなります。

いらいらしやすくなったり、小さなことが気になって怒り

が爆発する人もいます。睡眠が不足することで良いことな

んて何一つとしてないのです。

また、眠ることの質を高めるためにはいくつか注意するこ

とがあります。寝るのは誰でもできると思われがちですが

、質を高めるのは容易ではありません。質を高める方法と

してオススメしたいのは寝る一時間前からものを食べない

ということです。

内臓はわたしたちがぐっすりと寝ている間にも休むことな

く活動しています。ただでさえ内臓は休む時間がないとい

うのに、寝る前に少しでも食べてしまうと内臓はまた動か

なくてはいけなくなります。

そうすると熟睡することが難しくなってしまうので、寝る

前にものを食べない方が良いのです。これは昔からよく言

われていることなので知っている人も多いと思います。